鶴木次郎のブログ はてなブログver

主にBlogger での同名ブログのコピペにて作成しております。

なかなか大事なことであるかもしれませんが・・

A「ここ最近はほとんど見ることのないSNSにて、大分前に友達申請を行った方から、つい先日友達承認されたことをメール通知にて知りました。

かつて私が学部生の頃、いくつかのこの方の講義(そのうちの一つはかなり少人数)を受講しました。

この一連の講義にて、それまでかなり敷居が高く、近づき難い印象を持っていた古いフランス映画に関心を持つようになり、その結果ジャン・ルノワール監督の「大いなる幻影」(La Grande Illusion)も観て、印象深い一作として記憶されるようになりました。

それ故、この方もまた、お師匠の一人であるといえます。
どうもありがとうございます。

また、そのように考えてみますと、あの学部最後の一年とは(闇雲に)様々な講義に出席していたことが思い出されます・・(苦笑)。

そして、その結果として「どうにかにして院に行けないものだろうか・・?」と画策するようになりました・・(苦笑)。

こうした思いを昨年夏に亡くなった私の文系分野のお師匠の元祖であり且つ近しい親戚に吐露したところ「うん、それは悪くないと思うけれども、とりあえず数年働いてみて、それから考えてみても悪くはないのではないかな・・?」と云われ、その通りにしてみたところ、結果としてやはり院に行くことになりました・・(笑)。

但し、その時進んだ院とは、さきの学部生時代に望んだものではなく、地域学を専攻とするものであり、また、この時の経験とは、その後、様々なところで活かされたように思われます・・。

それに加え、この時得た経験にて大きかったことは「自身が一つの学問分野において、人並み以上の知識、見識を持ち得た!」「何か大きな認識(体系)を掴みかけた!」といった「自信」ではないかと思われます・・。

現在考えてみますと、これも一つの精神の相転移・相変態であったのかもしれません・・。

また、当時の私にとっても、現在と同様、こうしたことは極めて重要、切実であり、むしろ周囲の方々ななぜ、そこまで簡単に自信を持ち、あるいは自信を持っているかのように振る舞えることが不思議でなりませんでした・・(苦笑)。

こうした傾向とは、現在になり考えてみますと、父権が強い家庭にて育った子供に生じ易いのではないかと思われますが如何でしょうか?

また、不思議なことは、大学院(博士課程をも含む)まで行きますと、自身の周囲にそうした人々が、それ以前に比べ、相対的に多いのではないか?と(強く)感じさせられたことです・・。
おそらく彼ら、彼女等は自然に自信を得ることの困難さが故に、更なる学問、研究の道に進ませたともいうことが出来るのではないかとも思われますが如何でしょうか?

このように考えてみますと、自己に対する自信、自己肯定感とは、一般的に良いものであるとされますが、それが「各々背景の異なる個人」にとって、どの程度の期間、努力によって得られるか?とは、大変重要なことでありながら、世間一般からの見方とは、こうしたことに対し、往々にして粗雑な社会的見地、極めて粗い見方、見識しか有していないのではないかと感じることがあります・・。

あるいは、こうしたことは我が国が太平洋戦争に敗れたことにより、より一層強化されたのではないかとも思われます・・。

そして、ひたすら人をイジル能力、コミュ力(コミュニケーション能力ではない)に長けた人間のみの跳梁、跋扈を社会全般にて助長してきたのではないでしょうか・・?

現在の我が国における「反知性主義」の根は思いの他深いのかもしれません・・。

そして、これを読まれている皆様はこうしたことを如何お考えになるでしょうか?

とはいえ、さきのようなことを嘆いてみても何もはじまりませんので、私の場合、現在はこのようにしてブログ記事を記しているのだともいえます・・(笑)。

そして、今回もここまで興味を持って読んでくださった皆様、どうもありがとうございます。

加えて、さる四月に発生した九州、熊本での大地震による被災からの諸インフラの早期の復旧、そしてその後の復興を祈念しております。」