鶴木次郎のブログ はてなブログver

主にBlogger での同名ブログのコピペにて作成しております。

医療系専門職の方々の院への進学について思ったこと・・

A「おかげさまで先月10月のブログ記事閲覧者数はこれまでで最高の22000人以上となりました。

これは1日に換算しますと大体700人以上の方々に閲覧して頂いているということになります。

また、新記事の投稿直後は、その内容に関連があると思われる記事の閲覧が多く、ここからもまた、さらに新しい記事の作成意欲を頂いております。

さて、本日はいくつかの歯科大学、歯科衛生士学校(短大、専門学校)等に所用のため行ってきました。

そこでお話しを伺い面白いと思ったことは歯科大学、歯学部とは6年制であることにより、その大学院となると4年制大学卒業後の大学院修士課程(主に2年制)といったものが存在しない、あるいは少ないということです。

そこで以前にもブログ記事にて記しましたが、4年制大学化しつつある歯科衛生士養成の学校をかつての専門学校あるいは短大であった時代に卒業され、その後、臨床経験を積まれ、向学心のある歯科衛生士の方々が、研究の為、大学院への進学を志した場合、前述の数の少ない修士課程にするか、あるいは修士課程を飛ばし歯科大学の博士課程に進学するのかとは、さきに述べた制度上により、その基準が意外と分かり難いのではないかということです・・。

あるいはこうした場合とは、既に修士課程が充実している同じ医療系の看護学科などの大学院に進学する方が適当であるのでしょうか・・?

こうした事情とは、実際にそれらを扱い場所に行き、お話しを聞かなければ、なかなかわからないものであるようです・・。

その一方において昨今、様々な医療分野において、今後、よりその重要度が増すと思われる分野がいくつも存在します。

そして、それらの分野において、これまで牽引的な役割を果たされてきた医療専門職の方々が、今後のキャリアアップなどを図り大学院への進学を希望した場合、その方々が、かつての学制下(専門学校、短大)での卒業生であったことにより、修士(主に2年制)あるいは博士(主に4年制)課程への進学を躊躇されるのであるとすれば「果たしてそれは仕方がないことなのであろうか?」と他人事ではあるのですが、どうも考えてしまいます・・。

こうしたことを述べるのは、畢竟「いらぬお節介」であるのかもしれませんが、それでもやはり実際問題として、長い臨床経験のある歯科衛生士をはじめとする医療専門職の方々に対する大学院の出願資格等の内容の明確化、あるいはその内容の周知を何らかの方法にて図ることにより、その結果として平均健康寿命の延長、何かしらバイオ系の研究での進展に寄与するところがあるのではないかとも思われますが、さて、こうしたことはもう既に考えられ、そして推し進められているのでしょうか?

とはいえ、私の場合、こうしたことに対する興味、関心とは、主に一つの歴史の進行に関与しているのではないかといった、かねてよりの狂言回し的存在への願望に因るものが大きいと考えております(笑)。

今回もここまで興味を持って読んで頂き、どうもありがとうございます。

さる4月の熊本での大地震、昨今の山陰東部における大地震での被災された地域の出来るだけ早期の諸インフラの復旧そしてその後の復興を祈念しております。今後ますます寒くなっていきますので。」

jtsuruki.blogspot.jp